八十八(やとはち)のメニューと店主の経歴は?|ポツンと一軒家4/5

【八十八(やとはち)のメニューと店主の経歴は?|ポツンと一軒家4/5】

「ポツンと一軒家 病の母の願いを叶えた息子」
 
 
4/5は

・衛星写真で発見!“何でこんな所に?”という場所に、ポツンと建つ一軒家を日本全国大捜索!今回は徳島県・富山県の一軒家に行ってみた!

といったことについて放送されるようです。
 
 
そこで今回は

【八十八(やとはち)のメニューと店主の経歴は?|ポツンと一軒家4/5】

について詳しくみていきたいと思います!

 
スポンサーリンク
 

八十八(やとはち)のおすすめメニューは?|ポツンと一軒家4/5

ポツンと一軒家で紹介された八十八(やとはち)。

隠れ家的な要素もあり、素敵な雰囲気でしたよね!

ここは民宿兼日本料理のお店で、夫婦2人で仲睦まじく切り盛りしています。

なんと、現在まで25年以上も営業が続いているんです!

番組で出ていた場所での営業は3月下旬から12月下旬までで、冬場は富山市にある八十八(はとは)で懐石料理のお店を営業しています。

そんな八十八(やとはち)のメニューはミニ懐石料理(3500円)とおすすめ懐石料理(5000円〜10000円)です!

 
スポンサーリンク
 

八十八(やとはち)の店主の経歴は?|ポツンと一軒家4/5

八十八(やとはち)は山奥にポツンとある小さな民宿ですが、その店主の経歴がすごいんです!

店主の名前は三浦 心一さん。

高校卒業後に料理を学び始めた彼は、京都や東京の料亭で鍛錬を重ねます。

東京での修行時代にヘッドハンティングされ、30歳でニュージーランドにある日本大使館へ行き日本料理のシェフとして3年勤めています。

大使の家族の食べる料理を提供したり、日本文化を広めるためのレセプションをしていたそうです!

その後は大使の交代を機にニュージーランド国営ホテルで3年間、世界各国のリゾートホテルで2年間シェフをしていました。

その後、帰国し40歳で民宿 八十八(やとはち)をオープンしています。

 
スポンサーリンク
 

「八十八(やとはち)のメニューと店主の経歴は?|ポツンと一軒家4/5」まとめ

今回は

【八十八(やとはち)のメニューと店主の経歴は?|ポツンと一軒家4/5】

について詳しくみてきました。

店主がすごい経歴の持ち主で驚きましたね!

現在まで営業を継続できているのも、店主の確かな腕と夫婦の人柄のおかげなのでしょう。

今後もお身体に気をつけて、末長く営業していって欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)