水害対策用アスファルト吸収された水はどこへ?【Twitterで話題】

今回は、【Twitterで話題】になっている世界の未来予測というアカウントで(イギリス発の水害対策用アスファルト「Topmix
Permeable」、

吸収力が強過ぎてもはやCGにしか見えない)というツイートが、ありましたので、今回は、水害対策用アスファルト吸収された水はどこへ?

【Twitterで話題】というテーマで考察していきたいと思います。宜しくお願いします。ツイートされたのがこちらです。。。ご覧くださ

い。。。。

すごいですよね。。。こんなのが、日本にあったら水害に困りませんよね。。。それでは、気になる吸収された水はどこへ?言っているので

しょうか?。。。本題に入りましょう。。。

 
スポンサーリンク
 

水害対策用アスファルト吸収された水はどこへ?【Twitterで話題】

こちら、ツイートにもあったのですが、アスファルトの名前が、「Topmix Permeable」というらしいです。。。その仕組みは、いったいどん

なのでしょうか?こちらどうやらっこのツイートのとうり三層構造になっているみたいです。。。

残念ながら、僕では、この図だけでは、解説できません。。。あとで、専門の情報が、集まり次第追記していきます。。。

【世間の反応】

・このアスファルトの上でゲロ吐くとどうなるんだろう?具だけ残るのかな?

・立ち小便続出

・涙の数だけ強くなれそう

・ゴミが詰まりそうだし空洞が多いだろうから、耐用年数はそれほど長くなさそう

・日本にも浸透性アスファルトがあります。

・日本国内の場合、主要幹線道路・高速道路や2桁国道の大半が既になっています。
土砂などで詰まる為、定期的な高圧洗浄で詰まりを防いでいます。

 
スポンサーリンク
 

水害対策用アスファルト吸収された水はどこへ?【Twitterで話題】まとめ

今回は、水害対策用アスファルト「Topmix Permeable」吸収された水はどこへ?【Twitterで話題】について考察しました。ありがとうござ

いました。!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)